原創翻譯:龍騰網 http://www.laaxth.live 翻譯:玉子家 轉載請注明出處
論壇地址:http://www.laaxth.live/bbs/thread-489082-1-1.html

肉食は「生態系の大量虐殺」 喫煙同様禁止される可能性も 英弁護士

英國律師:肉食是“生態系統的大量屠殺”和吸煙一樣也可能被禁止



【記者:Sarah Knapton】
肉食は喫煙同様に禁止される可能性がある、自然を大規模に破壊する行為は「エコサイド(環境?生態系の破壊)」の罪として裁かれるべき──英國の著名な弁護士が訴えた。

肉食和吸煙同樣有被禁止的可能性,大規模地破壞自然的行為應該作為「環境·生態系統的破壞」的罪名來進行判決——英國著名的律師這么給我們訴諸道。


弁護士のマイケル?マンスフィールド氏は、肉や乳製品の消費をやめることを促す活動「ビーガン?ナウ」を設立。その立ち上げで、「伝えたいメッセージは一つだけ」、エコサイドを罪と定めることだと話した。

律師邁克爾·曼斯菲爾德設立了一個督促人類停止肉類和乳制品消費的活動。在其啟動之際,他說“想傳達的信息只有一個——將生態學破壞定為一項罪”。


マンスフィールド氏は、肉食のための畜産は地球を破壊していると警告し、地球溫暖化や生態系の意図的な破壊を引き起こした人を罰する法律を制定すべきだと訴えた。

曼斯菲爾德警告說,為了肉食的畜牧業破壞了地球,應該制定懲罰全球變暖和故意破壞生態系統的人的法律。





エコサイドは當初、國際刑事裁判所の設立條約「ローマ規程」の草案に盛り込まれていたが、英國と米國からの反対があり、1996年に除外された。現在、生態系の大規模な破壊は戦爭中の場合でしか裁かれない。

當初,國際刑事法院設立條約《羅馬規程》草案中加入了生態破壞罪,但由于英國和美國的反對,于1996年被排除在外。現在,生態系統的大規模的破壞只在戰爭中被裁決。


マンスフィールド氏は「私が伝えたいメッセージは一つ。エコサイドを國際的に犯罪と定めることだ」「エコサイドは罪となるはずだったが、英國と米國がそれを阻んだ」と訴えた。

曼斯菲爾德說,“我想傳達的信息只有一個。他呼吁,將生態破壞定為國際性犯罪。“生態學應當是罪行,但英國和美國阻止了這一行動。”


「(エコサイドを罪と定めることは)まさにビーガニズムや動物の権利、環境の権利、それに人類の権利と一つのパッケージとして結びついている。これは普遍的な権利であり、議論されることを願う」 【翻訳編集】AFPBB News

“將生態破壞定為國際性犯罪,這正是原教旨主義、動物的權利、環境的權利,以及人類的權利作為一個包裝而結合在一起。這是普遍的權利,希望大家對其進行討論”